アトピーの方の医療脱毛施術につて

アトピー

アトピー性皮膚炎の方がカミソリや毛抜き、除毛クリームなどを使って自己処理を行うと、肌が強い刺激に耐えきれず、余計に症状が悪化する恐れがあります。
たとえムダ毛がなくなっても、肌が真っ赤に腫れたり、症状が悪化し、かゆくなったりすると、とても痛々しい状態になりますし、半袖やミニスカートなどの薄着を着られなくなってしまうので、肌トラブルのある方は専門の医療機関に任せるようにしましょう。

美容外科や皮膚科などのクリニックに行けば、医療レーザー脱毛の施術を受けられるので、肌に優しい脱毛をしたい方におすすめします。
医療レーザー脱毛で使用するマシンは、基本的には毛根部分だけを破壊するように作られているので、皮膚に影響を与える心配はありません。
医療レーザーを扱えるのは専門医だけなので、施術前のカウンセリングで肌の状態をきちんと確認したあと、その人の肌の状態に合わせてレーザーを使うので、毛根だけにダメージを与えることが出来ます。
しかしあまりにも症状が悪化している時には避けた方が賢明なので、そこは医療レーザー脱毛の契約前に、専門医に尋ねるようにしてください。
医師は皮膚の状態を見て判断してくれるので、まずはアトピーの治療後、症状が治まってから施術をした方が良いと勧められたら、そのとおりにしましょう。

ページトップへ