ほくろ部分は医療レーザー脱毛で処理できない

女性

無駄毛の処理方法には色々な種類がありますが、本格的に無駄毛を無くしたいのであれば、医療レーザー脱毛がお勧めです。この脱毛法は名前の通り、美容皮膚科などの医療機関で受けられる脱毛法となっています。レーザーを照射するだけで無駄毛を脱毛できる手軽さと、肌への負担の少なさから、多くの医療機関で採用されている脱毛法でもあります。なぜ、レーザーを当てただけで、無駄毛を脱毛できるのかというと、レーザーが持つ特性に秘密が隠されています。レーザーは黒い色に反応するよう、設定がされています。

毛根部分には黒い色のメラニン色素があるので、肌にレーザーを照射すると、そのメラニン色素にレーザーの熱が吸収されるのです。毛根にあるメラニン色素に熱が加えられた事で、その他の組織も熱で壊れてしまう為、医療レーザー脱毛では毛根から無駄毛を脱毛する事が可能となっています。

黒い色に反応する特殊なレーザーですので、無駄毛が濃い、太い程脱毛効果を発揮すると言われています。ですので、医療レーザー脱毛は剛毛に悩んでいる方にこそ、お勧めの脱毛法と言えるでしょう。
ただ、メラニン色素に反応する脱毛法という事もあり、ほくろ部分の脱毛は行う事ができません。なぜかというと、ほくろにはメラニン色素が含まれており、そこへレーザーを照射してしまうと、ほくろに熱が加わり火傷の恐れがあるからです。

ページトップへ