医療脱毛で埋没毛を解消する

埋没毛とは、毛が毛穴の奥に入り込んでしまっている状態のことで、ぶつぶつとしているので、肌がきれいに見えません。

埋没毛が起こる原因は、毛抜きやカミソリなどを使用して、頻繁に毛を除去する自己処理にあります。

何度も除毛を行うと毛穴がどんどん奥に広がってしまい、除毛しても毛穴の奥に入った太い毛が無くならずに肌に残って黒いぶつぶつ状になってしまいます。
毛抜きや針を使って、無理やり皮膚から引き出すことは、毛穴を傷つけて色素沈着を起こしてしまうので絶対に避けましょう。

埋没した毛をなくしたい場合は、レーザーを使用した医療脱毛の施術を受けることが最適です。

医療脱毛であれば、皮膚の奥に入ってしまった毛根であってもレーザーが破壊してくれるので、毛穴から埋没毛が抜け落ち、毛穴の中の毛を無くして黒いブツブツが解消します。

ただ、埋没毛は通常の毛穴より奥にあるため、一度の医療脱毛施術で解消できず、すぐには効果が現れないことがありますが、施術を繰り返すとキレイになります。

ページトップへ